残暑をお見舞い・・・。

残暑をお見舞い・・・。

今日は、朝から仕事のため川越へ。

クライアントとの待ち合わせ時間まで時間があったので、ちょっとのんびりぶらぶらしながら先方の会社へ向かいました。

待ち合わせ場所は駅から徒歩15分ぐらいのところ。10時前とはいえ、太陽はもうサンサン!仕事の前にシャツはビショビショになってしまいました。

ほんと、今年は残暑が厳しいのにもほどがあります。毎年こんなだったかな?一昨年が猛暑だったことは覚えています。あまりの暑さにクーラーを買い換えたのが一昨年だったので。

そんなことより川越です。

川越って結構大きな商店街があるんですが、一歩裏に入ると思いっきり住宅街。途中で水を買おうと思ったのですが、自動販売機もなくて倒れそうになりながら歩いていきましたよ。熱中症にでもなったらシャレにならなかったですよね。

熱中症といえば、去年、所ジョージさんが自宅の庭で倒れたとか。油断していたわけではないでしょうが、自宅の庭で倒れるぐらいですから、ほんと熱中症って怖いですね。

部屋の中にいても熱中症にはなるらしいですよ。適度な水分補給は、この時期かかせないというわけです。

家をでるときにペットボトルは持参しなきゃいけませんね。

ようやく、どうにかこうにか先方の会社に到着。

これでゆっくりできると思ったのですが、なんと、冷房が壊れているとかで扇風機の生ぬるい風が。

いやあ、これには参りましたね。会社の下の自販機で、水を買えてよかったです。あそこで水分補給してなかったら、打ち合わせどころではなかったかもしれません。

なんとか一時間ぐらいで打ち合わせを追え、またまた同じルートをたどって駅へと逆戻り。

太陽も真上にのぼって、いよいよ俺を殺すきか、というほどの暑さです。ほんと、この暑さは異常だとおもいますよ。

昔は熱中症なんて言葉を聞いた記憶がないのですが、これもヒートアイランド現象の副産物なんでしょうかね。

私の小さい頃には熱中症なんてなかったです、いや、ほんとに。

駅に着くとポカリを買って一気飲み。いやあ、生き返りました。今年の残暑は長引くらしいですから、まだまだこの暑さから逃れられそうにありません。

とにかく皆さん、外出するときは早めの給水と適度な休憩を忘れずに。がんばって残暑を乗り切りましょう!

新型アウトランダー値引き額

素直な愛情をあの人に

世の中において大切な物は何ですか?

これはいつの時代でもありふれた質問として常に自分の頭にあると思います。

身も蓋もない答えで言うならお金と言うのがやはり選択肢として浮かび、実際必要な物であるのは確かです。

しかし、必要である事は必要十分以上要るとは限りません。

特に大金を手に入れた人の多くはさらなる大金を求め、果ての無いお金への欲に駆られます。

それでも生きていけるし、お金が無いよりかはよっぽどいい生活も出来ますが、

それで充実しているかどうかは別です。

そして私は綺麗事だと分かりつつも、愛が人生において最も得難い、大切な物だと思っています。

この年になればどうしても貯蓄という物を意識してしまい、お金の単位には敏感になってしまいますが、

だからといってそれが一番だとは思いません。

愛は全て与うという言葉の中にはお金も含まれていると思うし、だからこそ夫婦に必要なのは愛だと信じています。

しかし、愛情を表現するという事は非常に難しい事になっている気がします。

良く自分なりの愛情と称して真意を見せずに愛情を表現しようとしますが、本当にそれはただしいのでしょうか?

私としては、伝わらない愛情というのは自己満足であり単なるプライドの誇示に思えるのです。

良く漫画などで恥ずかしいという理由でつっけんどんな態度を見せる事があります。

確かに若いうちで異性に対してアプローチをかけられずにそうしてしまうのはある意味微笑ましいですが、

それはあくまでも漫画だから通用する表現技法なのです。

実際、自分が向けられる側になって考えて見てください。

素直に好きと言われるのと、態度で察して欲しいとつっけんどんに応対されるのでは、どちらが嬉しいですか?

答えは言うまでも無いですし、後者の方がいいと言うなら、

上から目線になって申し訳ないですが、あまりにも世の中を知らなさすぎるとしか言えません。

まだ結婚していない私が言うのもなんですが、良き夫婦であるには愛情を隠さないという事が大事と言われます。

昔の家庭の夫と言えば寡黙で態度で示すのが正しいと思われがちですが、

私から言わせてもらえばそんな格好付け、安っぽいプライドを守る為の臆病な生き方でしかありません。

失ってから後悔するよりも、一時の恥ずかしさでもって、大切な人に想いを伝えてみませんか?

あなたが思う以上に相手の人は、あなたが好きならそれに応えてくれるはずですよ。