増築計画

増築計画

実家の敷地に母屋はそのままで、増築して一軒家を建てたいという話が出ています。

いまは親と一緒に暮らしているわけはないのですが、昔からなんでも私任せのうちだったので、建築の段取りをいろいろ調べさせられるハメになってしまいました。

母屋から約1メートルほど下がった敷地なので、利便性や雨水対策として母屋と同レベルの造成を薦められました。造成までは考えになかったので予算はオーバーすることになりますが、一応、見積りも取り寄せました。

しかし、オーバー分はなんとか建築費をおさえてまかなうしかなさそうです。

まあ、子どもが大きくなったら実家のほうに帰ってもいいと思っているので、いずれは自分の家になるわけです。ですから、ここは無理をしてでも住みやすい環境を整えておいたほうがいいかなとも思ってます。

しかし、造成の分の費用までは考えてませんでした。安心安全の担保だと思って納得するしかありませんが、どうも腑に落ちません。

現に予定地には昭和初期の古い家屋がいまだに建っていて、昨年の震災の際にもビクともしませんでした。しかも、地盤的にも問題ないので、ほんの少し手を加えるだけで住めるようになると思っていたんです。

予想外の予算を前に何か対策はないかと考えていたところ、本棚の隅に立てかけてあった一冊の本に目が留まりました。

スローライフをキャッチフレーズのログハウス建築特集本です。そういえば昔、ログハウスに憧れていた時期があって、何冊かの専門書をまとめて買ったのを思い出しました。

ログハウスの特徴としては雪がかからないよう基礎の部分を相当高くすることが挙げられています。また、地震にも強く、丸太なので火災にも強いと書いてあります。

「これだ!」とひらめきました。

ログハウスなら造成をしなくても、母屋と同じレベルの家を建てられます。

もしかすると、造成分の費用を建築費に回せるんじゃないでしょうか。ログハウスとは考えてもいませんでした。しかも、図らずも昔、自分が抱いていた夢を実現するチャンスかもしれません。

ログハウスのようなカントリーチックな建物は、うちの周りの大きな栗の木をはじめ、ほかの木々がある景色にマッチングするはずです。まだ何も決まったわけではありませんが、どんどん夢が広がります。

よし、本格的に調べてみようっと。

スマートフォンのホームはどうあるべきか

今、私はiPhoneのホーム画面の整理を行っておりました。

生活に身近な必需品となっているので、まだ一年も経過しておりませんが、

それなりにこだわりが出てきています。

スマートフォンの魅力と言えばiPhoneにもandroidにも限らず、

アプリケーションの自由な追加です。

スマートフォンに慣れないと言っている人は主にこの自由さを持て余してしまい、

多機能性を活かし切れていないのでしょう。

プライベートでも仕事でも使っている私としては、少々もったいなく感じてしまいます。

しかし、多機能を使いこなすにしても、やはり問題もあります。

それは増えすぎたアプリケーションです。

アプリケーションが多ければ多いほど機能が多く出来る事が増えてきますが、

そうなるとホーム画面と呼ばれるアプリ置場が乱雑になりやすく、

恥ずかしながらいつも使っている私も、さっきまで数々のアプリを見てつい

「これは何の機能だっけ?」と思ってしまいました(笑)

なので私はある程度目的を絞って整理してみる事にしました。

アプリはフォルダを作る事で一か所にまとめられますが、

フォルダ内のアプリは一度フォルダをタッチしてから展開させる必要があります。

つまりは一度タッチする手間が増えるわけですね。

わずかな手間とはいえスマートフォンに慣れてくると、

どうしてもより短い手間で操作する事を求めだしてしまいます。

なので私は一番初めの画面はフォルダを作らず、良く使うアプリをそのまま置く事から始めました。

たくさんの機能があっても、実際「毎日使う」「良く使う」「無いと困る」アプリというのは絞られます。

なのでそこに着目して一日一回以上使う物を配置してみました。

結果、かなりすっきりとした画面に。

そしてドックと呼ばれるページ送りをしても動かない部分に、

一つだけフォルダをセットしました。

ドックというのは通常良く使っていて素早く起動できるもの、

というコンセプトに逆行しているように見えますが、実際配置している中には、

「良く使うけど一日一回くらい」の頻度の物を集めていますので、

目に付かないと困るけどすごく使うわけでもない、というアプリにピッタリでした。

ドックにもフォルダを置けるというのは案外いい機能ですね!

とりあえずこれでホーム画面からページ送りを可能な限りせずに、

自分が好きな機能を使えるようにしてみました。

また使ってみて変えるかもしれませんが、

やはり部屋と同じく、スマートフォンの画面も整理すると気持ちいいですね。